こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

東京オリンピック選手村マンション「HARUMI FLAG」の価格 庶民でも買えるのか?

   

2020年に開催される東京オリンピック選手村がマンションとして売り出されます。
先日、その名称が「HARUMI FLAG」に決定しました。

やはり気になるのはマンションの「お値段」ではないでしょうか?
かなりの割安価格で売りに出されるという噂もありますが、気になる価格をお調べしてみました。

格安で売りに出された土地

東京オリンピック選手村として利用される土地は、元々東京都が所有していましたが、それが不動産会社に売却されました。
価格は、13万3906平方メートルで1平方メートルあたり9万6000円。

坪単価に直すと32万円になります。

東京だと結構広い部類に入る、土地30坪(≒100平米)の戸建の場合だと、土地代がたった900万円程度ということになります。
地方でもこれだけ安い土地は、田舎の方に行かないと無いです。

銀座や新橋、品川などに近い、東京のど真ん中の土地にしては、異常な安さです。
相場の10分の1程度と言われています。

このため、マンション価格もかなり割安になるのではと期待が高まっています。

マンションの原価

マンション価格は、土地対建物=3:7程度です。近年は建築コストが高騰しており、マンションを建設する場合の建設費用は坪あたり280万円と言われています。

70平米の3LDKのマンションだと、建物代だけで

 - 不動産