こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

転職したときの「試用期間」って何?正社員になれないこともあるの?

      2017/04/12

ほとんどの会社にある「試用期間」

転職サイトなどで企業の求人をみると、たいていの場合以下のような記述があります。

雇用形態:正社員(試用期間3カ月)

サイト上ではこんな感じで書いてあります↓ kyujin

試用期間は3カ月の会社が多いですが、6カ月のところもあります。 長いところだと1年というところもあります。

私の知っている某中堅証券会社は1年でした。




試用期間とは?

試用期間とはそもそも何なのでしょうか?

「試用」と聞くと、お試し期間のようで、その間に認められなかったらクビになってしまうようなイメージを持つ人もいるかもしれません。

労働者の能力、適正を試してみて、良かったら採用、駄目だったらクビということなのでしょうか?

そんな企業側に都合のいい制度なのでしょうか?

もちろん、答えは「NO」です。

試用期間は労働基準法で設けることが認められています。

実際には、ほとんどの企業がこの試用期間を設けています。 求人欄に記載がなくても、試用期間があるケースがほとんどです。

解雇がしやすい?

確かに、試用期間中の社員は正社員と比べて「解雇がしやすい」ことは間違いありません。

試用期間中に、会社側はその社員が業務に適しているか判断するとされています。

しかし、法的には試用期間中であっても「期間の定めのない」労働契約が成立しているのです。

とはいえ、会社側には、試用期間中に労働者に適格性が無いことを理由とした「解雇権」が認められています。

この「適格性」ですが、実際にはかなりハードルが高くなっています。

よっぽどのことが無い限り、会社側は解雇をすることはできません。

具体的な「適格性が無い場合」ですが、例えば

「そもそも会社に来ないなど、労働者の勤務態度がひどく、とても社員として雇用を続けていくことができない」

「○○の資格を持っており、面接ではその分野の長い経験があると言っていたのにも関わらず、実際にはほとんど業務知識がなく、大きなミスを連発する」

などのよっぽどひどいケースです。

過度に心配する必要はない

普通に遅刻せず会社に行って、通常の業務をこなすことができていれば、試用期間中に解雇されることなどまずあり得ません。

ひとつあり得るのが、試用期間中にメンタルで休んでしまうケースでしょう。

転職後は環境がガラリと変わりますから、精神的に病んでしまう可能性も高くなります。

仮に「うつ」を発症して試用期間中に会社を休職してしまえば、解雇権を発動してくる可能性もあります。

とはいえ、それもケースバイケースであり絶対ではありません。転職前に過度に恐れる必要はないのです。





 

 - 転職心得