こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

転職面接のために年休を取る方法、「時季変更権」を理解しよう

      2017/04/12

前回の記事「転職面接のための休みが取れない?大丈夫、「時季指定権」を主張しよう 」で、労働者の権利である「時季指定権」と会社側の権利である「時季変更権」について書きました。

今日はその続編ということで、「転職面接のために年休を取ろうとした場合に上司がNOと言ってきた場合」の対処法について考えたいと思います。

年休を取ろうとしたときに、上司が

「その日はお前がいなければ仕事が回らないから休まないでほしい」

と言ってきたとします。

まあ、こんなセリフを言っている時点で管理職として失格だと思うのですが、世の中には嫌な上司がいて、あーだこーだ言って休みを取らせない奴がいます。

いわゆる「ブラック企業」では当たり前の存在かもしれません。




ここで、上司は「休まないでほしい」と言っていますが、法律的には会社側は社員に対して「休むな!」ということはできません。

できるのは他の日に休んでくれないか?ということだけです。

休みの日の変更をお願いすることしか上司はできません。

このように、会社側が休みの日の変更をお願いすることを「時季変更権」といいます。

もし、あなたの会社で休み自体を取らせない上司がいたら、即刻で法律違反と言えます。

人事部に相談するなりしてもいいかもしれません。

転職面接のために休もうとした場合、上司が「その日は忙しいから駄目だ」と言ってきたとしましょう。

法律的には、「忙しい」程度では会社側は使用人の休みを拒否できないのですが、さすがに上司がそう言ってきたら従うしかありません。

ですので、その次は「では他の日に取ってもいいですか?」と聞いてみましょう。

上述したように、会社側は休み自体を拒否することはできないので、違う日程を提案されたら従うしかありません。

別の日に休暇をとり、リクルートエージェントJACリクルートメントなどのキャリアコンサルタント経由で、面接の日程を変更してもらいましょう。

多くの企業で、最終面接は役員が出てくるので、どうしても日中の昼間に行われることが多いです。

そのため、年休を取るテクニックを知っておくことは転職希望者にとって必須のスキルといえます。

私もかなり苦労しましたが、みなさんも「時季指定権」、「時季変更権」を頭に入れて上司と交渉してみて下さい。




 

 

 - 転職豆知識