こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

これがあるから転職は止められない!転職のメリットとは?

      2017/04/12

このブログは基本的に転職に対して肯定的なスタンスで書いています。

それは私自身の転職経験が大きく影響しています。昔は、「転職」にかなりネガティヴなイメージを持っている人が多かったですが、それも変わってきました。

転職が一般的になってきたことと、一つの会社に定年まで勤め上げるということに違和感を感じる人が増えたからではないでしょうか。




転職のメリット

今回は私自身が感じた転職のメリットを、体験を踏まえて書いてみたいと思います。

第一に年収が上がりました。

なんだかんだいって給料が上がれば嬉しいものです。

具体的にどれだけアップしたか書くことはできませんが、どうせ毎日仕事をするなら給料は高い方がいいとしみじみ思います。

前は給料日が来ても、「これだけしかもらえないのか」と落ち込むことが多かったですが、それも無くなりました。

手っ取り早く年収を上げることが可能

給料を上げる手段として代表的なのが、仕事ぶりを認めてもらって昇進することです。しかし、それには少なくとも数年は必要です。

転職という手段を活用すれば、来月からでも給料を上げることができます。

M&Aに世界では、買収によって「時間を買う」とよく言われますが、転職もそれに似ています。

転職によって「時間」を書い、手っ取り早く給料を上げることが可能です。

やりたいことを仕事に

第二の経験は、やりたいことを仕事にすることができたというものです。

メーカーに勤務していた私にとって、金融のフロントの仕事は憧れでした。

何とか自分もその世界に行きたいと考え、転職活動を行いました。

リーマンショック後の景気の悪い時期ということもあり、転職活動は難航しましたがリクルートエージェントJACリクルートメントなどのコンサルタントのアドバイスも借りて転職を果たすことが出来ました。

サザエさん症候群が消えた

転職したあと顕著に変わったのが、日曜の夜です。

メーカーに勤務していた頃は、月曜から始まる仕事のことでかなり憂鬱な気分になっていました。

世間では「サザエさん症候群」というそうですが、サザエさんが始まるもっと前の「新婚さんいらっしゃい」くらいから憂鬱になっていました笑

月曜の朝は全身がダルすぎて、遅刻したことも何回かありました。

それが転職した今ではすっかり変わり、仕事が楽しみになったとまでは言いませんが、憂鬱な気分が無くなりました。

金融の世界はマーケットを見る必要があります。

マーケットは24時間動いてますから、月曜はどのように動くだろう、それが自分の仕事にどう影響するだろうといったことを考えるのは結構楽しいです。




 - 転職あるある