こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

某財務系コンサルの転職面接を受けた時の最悪の出来事

      2016/12/18

コンサルを受ける

今日は私が転職活動をしている時に経験した、非常にムカついた出来事について紹介します。

私は金融業界を目指して転職活動をしていましたが、リクルートエージェントから紹介され、あるコンサルティング会社を受けることになりました。

そのコンサルティング会社は、会計事務所系の会社でいわゆる「FAS」と呼ばれるサービスを提供していました。

FASとは、Financial Advisory Serviceの略で、M&Aにおけるデューデリジェンスなどが中心となります。財務コンサルティングともいいます。

会計事務所系の会社なので、会計士がたくさん所属しています。

監査業務を何年か経験した会計士が出向の形で来ているようです。

おそらく、監査業務に飽き足らず(飽きた?)、異動希望を出したのでしょう。




面接相手は2人の会計士

一次面接の相手は2名でしたが、どちらも会計士でした。

注)筆者は当然会計士資格を持っていません

リクルートエージェントの話だと、会計士以外でも入社するチャンスはあるとのことでした。

しかし、面接官から話を聞くと、社員の8割くらいが会計士で、残りの人も銀行や証券でM&Aの経験があると言われました。

なんたる事実!М&Aなど全く経験のない筆者にとってはとてもハードルが高そうです。

しかし諦めるわけにはいきません。入社できれば憧れのM&A業務に携われる!と気合を入れ直しました。

屈辱的な面接

先方による会社概要の説明が終わり、面接が始まりましたが、そこからが最悪でした。

自己紹介で経歴を述べると、2人ともさも「そんな職歴でよくウチを受けたな」と言わんばかりの鼻で笑ったような顔をしています。

屈辱的です。書類選考通したくせに、、、とかなりムカつきました。

さらに「あなたの経歴で御社に活かせる点は何ですか?」と聞かれ(この質問自体が侮辱に感じましたが)、しどろもどろになりながら答えていると、なんと面接官の1人が手元の紙に落書きをしてるではありませんか!!

何やらわけのわからない絵を描いています。

今思い出してもイライラ

筆者は数多くの転職面接を受けてきましたが、これほどの侮辱的な行為をされたのはココだけです。

ムカつき過ぎて社名を公表したいくらいです。

今思えば、面接の途中で、「そんな態度を取る面接官のいる会社に誰が入るか!!」と捨て台詞を吐いて帰ってやりたかったです。

会計士はそういう常識の無い人が多いのでしょうか。。

それとも、会計士資格を持ってないからナメられたのでしょうか。

今思い出してもイライラする最悪の面接でした。




 - 転職面接