こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

1年のうち、転職しやすい時期・季節はあるのか?

      2016/12/18

転職活動をしやすい時期、そうでない時期

この記事を書いているのは8月中旬。お盆真っ盛りです。

多くの会社ではお盆休みとなっており、通勤電車でも普段より人が少ないです。

この時期にスーツを着て転職活動をするのはきついですね・・・

さて、今日のテーマは、「転職しやすい時期とそうでない時期」。

具体的に言えば、求人が増える時期と減る時期ともいえます。

これは、主に募集をする企業側の事情によって変わってきます。

以下では、4月から順に、転職のしやすさについて考えていきます。




月ごとの傾向

4月~5月

・この時期は学生の就職活動が活発化します。企業の人事部も、学生向けにリソースをほとんど取られるので、中途採用が減る時期と言われています。

ただ、2015年からは8月から大手企業の面接が開始するように変わったようです。

外資系企業などは対象外のようですが、今後も学生の就職活動が8月開始となれば、4~5月にも中途採用が増えてきそうです。

6月~7月

・新卒の就職活動が一服し、中途の求人も増加します。ただ、7月下旬にかけて減少していく傾向にあります。

8月

・多くの企業で夏休みモードになるため、中途採用がぐっと減ります。

私が転職活動をしているときも、8月はほぼ諦めムードでした。転職エージェントからの求人紹介もかなり減ります。

しかも、上述の通り、2015年からは8月に新卒の面接が始まるので、中途採用はこれまで以上に減るかもしれません。

9月~11月

・夏休みが終わり、9月ごろから徐々に求人が増えてきます。一年でも最も求人が多い時期の一つです。

この時期に内定をもらって、12月にボーナスをもらい、1月から新しい会社に入るというケースが多いです。

12月~1月

・年末年始前後のこの時期は、おそらく1年で最も求人が少ない時期です。特に、12月下旬は閑散としています。

リクナビNEXTなどの転職サイトなどの求人も少ないため、自己分析や転職理由の作成など、家で出来ることをやるしかありません。

2月~3月

・新卒の面接も本格的に始まっていないこの時期も、転職がしやすい時期です。

4月からの新年度に合わせて中途採用をしたい企業が多いのが理由です。

4月は、企業の人事異動も行われるため、そのタイミングで新しい人を採用したいようです。

まとめ

以上、転職活動をしやすい時期、しにくい時期について考えてみました。

一番しやすいのは6~7月、9月~11月、2月~3月あたり。逆に一番しにくいのは、8月と12月~1月という結論になりました。

転職しやすい時期に積極的に動き、そうでない時期は自宅で自己分析などに励む。

そういったメリハリが必要になってくるでしょう。




 - 転職心得