こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

転職は猿の枝渡り~山崎元さんの教え~

      2016/12/11

「僕はこうやって11回転職に成功した」は転職活動のバイブル

私が転職活動をしている時、よく読んでいたのが山崎元さんの本です。

何冊か出版されていますが、「僕はこうやって11回転職に成功した」という本が一番参考になりました。

転職活動をこれから始めようとしている人は是非読んだ方がいいと思います。

トップクラスの金融機関を何社も渡り歩いたノウハウが凝縮されています。

転職は猿の枝渡り

本の中で最も印象残ったのが、「転職は猿の枝渡り」という言葉です。

次の転職先が決まるまでに、今の会社を辞めてはいけないという意味です。

次の転職先が決まるというのは、口頭で内定をもらったという段階ではなく、正式に書類としてオファーレターをもらった時を指します。

ありがちなのが、最終面接まで進み、そこで素晴らしい人材だなどと前向きなことを言われ、すっかり内定をもらったと思い込んでしまうケースです。

現職の会社に辞める旨を伝えた後、やっぱり内定を貰えてなかったと判明したら最悪です。

もう後戻りはできません。

猿が木から落ちた状態、すなわち「無職」になってしまいます。

今の会社が嫌で一刻も早く辞めたい、あるいは転職活動を早く終わらせたいと思っている人は特に気を付けた方がいいです。

必ず、採用通知書をもらう

会社によっては書類で内定通知書を貰えないところもありますが、その場合は人事部に掛け合って作ってもらいましょう。

口約束の状態で、現職の会社に退職願を出すのは非常に危険ですから。




会社を辞めてから転職活動をしないこと

「転職は猿の枝渡り」という言葉のもう一つの意味は、現職を辞めてから転職活動をするなということです。

たまに、今の会社を辞めてから転職活動をした方が、退路が無くなって良いという人がいますが、それは無駄に自分を追い込むだけです。

無職の状態で職探しをするのは相当なプレッシャーです。

すぐに次が決まると思って辞める人が多いでしょうが、決まらなかった場合のストレスは半端じゃないでしょう。

金銭的にも蓄えが減る一方です。

条件交渉でも不利になる

採用となった場合でも、相手の人事に足元を見られ、良い条件が得られない可能性もあります。

条件交渉は、現職に留まっているからこそできるのです。

一刻も早く採用してほしい場合は、相手の出す条件を飲むしかありません。

知り合いのケース

私の知り合いでも、大手証券会社を次の職場が決まる前に辞めてしまった人がいました。

彼は大学時代は成績優秀で、証券会社ではエコノミストやアナリスト志望でした。

しかし配属となったのは関東の支店でした。

上司から詰められながらノルマを追いかける生活に嫌気がさし、入社2年目で辞めてしまいました。

学歴もあり、英語もできたので、次の職場はすぐに決まると思われましたが、リーマンショック後の不況の影響で転職活動は難航。

半年ほどして得た内定は、環境系のベンチャー企業でした。

もともと環境系には興味があったと言っていましたが、大手証券会社時代より年収で250万ほど下がったようです。

内定を得た頃には憔悴しきっていて、会う度に何と声をかけてよいか迷ったものです。

ちなみに彼は、最近の転職市場の活況もあり、金融業界に戻るべく、再度転職活動を行っています。

今の会社に嫌気がさし、衝動的に辞めたいと言ってしまいたくなるかもしれませんが、そこはぐっとこらえて転職活動に専念してもらいたいと思います。

繰り返しになりますが、上司に辞めると言うのは、次の会社の内定通知書をもらってからです。




 - 転職心得