こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

転職面談体験記~JACリクルートメント~

      2016/12/11

金融業界にも強い

JACリクルートメントのホームページを見ると、外資系の転職に強そうな印象を受けますが、金融業界にも強いです。

おそらく、クライアントに外資系金融機関が多いことが理由だと思います。

個人的な印象では、大手のエージェントが持っている総合職系の求人から、金融専門エージェントが持っているプロ向けの求人まで、幅広く扱っていると感じました。

金融担当の部署にも結構な人数がいるようです(ただ、リーマンショックの後は、強烈な人減らしがあったようです。その頃に会ったキャリアコンサルタントはよく愚痴を言っていました)




実は上場企業

この会社は上場もしています。転職市場が活況なせいか、アベノミクスが始まる前と比べて株価が10倍くらいになっています。

非常に勢いのある会社です。

私が面談に行ったのは、まだリーマンショックの影響が残る頃でした。だから、今とは全然環境が違うことにご注意ください。

オフィスは神保町駅近くにある

オフィスは東京の神保町にありました。古本屋で有名な街です。駅から大手町方面に歩いて1分くらいのところにあります。ビルの中には旭化成も入っていました。

面談は非常に景色のいい部屋で行われました。外資系に強いイメージがあったので、キャリアコンサルタントが外人だったらどうしようと思っていましたが、普通に日本人でした。

外資系金融にも強い

聞かれたのは、転職理由や志望業界など一般的なことでしたが、英語についても聞かれた記憶があります。

実際に面談後には外資系金融機関の求人も紹介されました。

英語に自信のある人には特にオススメのエージェントです。外資系金融機関は結構未経験者にも門戸を開いているので、他の業界からでも十分にチャンスはあります。

外資系銀行の求人も紹介してもらった

面談が終わった後に求人を紹介してもらいました。前述の通り、外資系金融機関(銀行)の求人がありました。

私は、外資系に行く勇気が無かったので受けませんでしたが、、他の日系金融機関の求人には、リクルートエージェントやDODAでは見なかった求人もありました。

やはりいくつかのエージェントに登録しておくべきと改めて感じました。

キャリアコンサルタントのやる気はピカイチ

JACリクルートメントは、面談後もメールでコンスタントに求人を送ってくれました。

アフターフォローでいうと、数あるエージェントの中でトップクラスに入ると思います。

ノルマがあるのかもしれませんが、非常にやる気のあるキャリアコンサルタントでした。

<ご参考>
JACリクルートメント




 - 転職エージェント