こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

リクルートエージェントに二回目の転職面談へ

      2016/12/11

 二回目のリクルートエージェント

以前にも書きましたが、私はリクルートエージェントに2回登録してます。

一回目に行った時のオフィスは霞が関にありました。

それが何年かして再び訪れた時には、オフィスが東京駅直結の超高層ビルに移転してました。

2回目に行った時は、リーマンショックから立ち直り景気が良くなりかけの時期だったので、リクルートエージェントも儲かっていたのかもしれません(笑)

きれいなオフィスに緊張

仕事終わりに行くと、まずエレベーターがガラス張りな事に驚きます。

下の景色が丸見えで結構怖い、、受付に行くと、お姉さんがみんな美人! きれいなオフィスと受付のお姉さんに圧倒され、緊張が高まります。

お姉さんに名前を告げると、小部屋に案内されました。これは面談だ、面接とは違う!と気分を落ち着かせます。

5分くらいして担当者が現れましたが、なんか見たことあるなぁと思いました。よくよく思い出してみると、リクルートエージェントのサイトで金融業界の転職動向について書いている人でした。顔写真も載せてあったので分かりました。

あそこに書いている人は、各業界のエース級のキャリアアドバイザーだろうな、ということは俺は転職の見込みがあると思われてるのかも!と一人でテンションが上がってました。




最後に求人を紹介される

これまでの経歴や転職したい理由などを一通り話した後、最後に求人を紹介されました。待ってました!という感じです。

このために仕事を早目に終わらせてやって来たと言っても過言ではありません。

面談後に紹介される求人がしょぼいと、非常にがっかりします。なんのために来たんだ!という感じです。

一度だけ、小さな金融専門のエージェントに行った時、一件も求人を紹介されなかったことがありました。求人が出てきたら必ず紹介します!と言われましたが、結局そのエージェントからはその後何も連絡がありませんでした、、

求人の紹介件数はエージェントの実力を表す

求人をどれだけ紹介できるかというのは、エージェントの実力をはかるバロメーターの一つです。

エージェントによっては、他では扱っていない掘り出し物の求人もあります。

こういうのは、キャリアコンサルタントが人事部との個人的なコネで入手してくるそうです。

リクルートエージェントは流石というべきか、リーマンショックから数年経った不景気の時期にも関わらず、5件ほどの求人を提示してくれました。

リクルートエージェントで求人が無ければ、他のエージェントでも無い可能性が高いので、ひとまずホッとしました。

2回登録しても全然問題なし

私は一回目の転職から1年くらい経ってからまたリクルートエージェントに登録しました。

2回目に登録するときは、「こんな短期間でまた登録する奴なんて相手されないんじゃないか・・・」とビクビクしたのものです。

しかし、実際に面談に行ってみると、そもそも「前回登録していたことを把握していない」気がしました。

個人情報保護の観点から、一度転職サービスを終了したら、登録情報が全て消されるのかもしれません。

ですので、短期間で再度リクルートエージェントに登録することは特に問題ないと思います。

<ご参考>
リクルートエージェント




 - 転職エージェント