こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

転職エージェントに登録し過ぎないように!後で後悔します

      2016/12/11

転職活動を進める方法

それぞれの方法に長所と短所

転職活動を進める方法としては、大まかに二通りあります。

①転職サイト(リクナビNEXT、DODA、マイナビ、転職サイト@type、エンジャパンなど)や、日曜の日経新聞の求人欄企業の採用ページなどをチェックして自分で応募する方法と、②転職エージェントを使う方法です。

どちらの方法も長所、短所があるので、どちらかの方法だけに偏らないようにすることが大切です。

エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うメリットとしては、キャリアコンサルタントから様々なアドバイスをもらえることや、企業との連絡役になってくれること、非公開求人に出会えることなどがあります。

二つ目の企業との連絡役になってくれるというのは、あまり指摘されない長所かもしれませんが、面接の日程調整など、面倒なことを一手に引き受けてくれるので、転職希望者にとってはとてもありがたいことです。

面接前に面接官についての情報や、想定される質問などを教えてくれることもあるので、是非聞いてみましょう。




たくさん登録しすぎないように注意

ついつい欲張りがち

転職活動開始後に、転職エージェントに登録しよう!となった時にやりがちなのが、たくさんのエージェントに登録し過ぎることです。

たくさん登録した方が、求人も多く紹介してもらえるので、ついつい欲張りになりがちです。

これは私もそうでした。転職活動を始めたばかりの頃は、大手から中小まで片手では収まりきらないくらいのエージェントに登録したものです。

しかし、自分自身の経験から、これはオススメ出来ません。理由としては3つあります。

1、一気にたくさん登録し過ぎると、管理がしきれなくなる

転職エージェントの面談に行くと、面談の終わりにいくつか求人を紹介してもらえます。現在は転職市況が活況なので、求人の数も多いと思います。

面談が終わった後も、メール経由で、求人を紹介してもらえます。私自身の経験で言うと、キャリアコンサルタントから紹介してもらえる求人の数は、面談直後が最も多く、その後はポツポツと新しい求人があったら紹介してもらえるという状況になります。

つまり、エージェントに面談してもらった直後はすごく忙しいのです。企業に応募するための履歴書や職務経歴書を書いたり、企業情報を調べたりと、やるべきことはたくさんあります。

一つのエージェントにつき、応募したいと思える求人が3つあるとし、同時にエージェントに5社登録すると、一気に15社も応募しないといけなくなります。

1社1社にきちんと志望動機を考え、企業研究をするというのは不可能だと思います。

そうならないためにも、最初に登録するエージェントは少数にしておき、間を空けてから徐々に増やしていけばいいと思います。




2、重複する求人が結構ある

転職エージェントが持っている求人がカブっているケースも結構あります。

例えば、リクルートエージェントで紹介してもらった求人が、JACリクルートメントでも紹介されたという場合です。

求人を紹介される時は、どこの会社かとワクワクしますが、見たことのある求人だと分かると非常にガッカリするものです。

紹介される求人が、他のエージェントで見たことがある場合だけでなく、転職サイト見たことのあるケースもあります。

私は、日付が変わった瞬間に転職サイトをチェックするようなマニアだったので、これリクナビNEXTで見た事ある求人じゃん、、となったことは結構ありました。

何が言いたいかというと、5社くらい登録しておけば、大体の求人は網羅できるということです。特に、大手のエージェントに幾つか登録しておけば、貴重な求人を見過ごすということは、そうそう無いと思います。

3、転職活動が煮詰まった時の切り札的エージェントを残しておいた方がいいから

私自身もそうでしたが、転職活動がうまくいかず、長引いてしまうと、手持ちのコマ(=応募できる求人)が無くなってきます。

キャリアコンサルタントから連絡も減って来て、転職活動がしたいのに出来ないという悲しい状況になります。

そういう時のために、大手では無く、中堅くらいのエージェントを、最後の希望の光的な感じで残しておくといいです。

転職活動が停滞しても、まだ俺にはあのエージェントがあるとやる気を出すことができます。新しくエージェントに登録すれば、見たことのない求人を紹介してくれる可能性もあります。

まとめ

以上、ちょうどいいエージェントの登録数について考えてきましたが、繰り返しになりますが、重要なのは、

同時にたくさんのエージェントに登録し過ぎない

登録する際は間を空ける

という事かと思います。

<ご参考>
リクルートエージェント
DODA




 - 転職エージェント