こつこつニュース

日々の生活に役立つ情報を「こつこつ」発信するブログです

総合系のエージェントと金融専門のエージェントはどちらを使うべきか?両者の特徴まとめ

      2016/12/11

両者の定義

金融業界に転職する時に登録するエージェント(人材紹介会社)には、二つの種類があります。総合系金融専門系です。

総合系転職エージェントとは?

総合系とは私が勝手に呼んでいるだけですが、要は金融だけでなく、ITやメーカー、商社など、あらゆる業界を扱っている会社のことです。

代表的なのは、リクルートエージェントやDODAなどですね。

これらの会社は、キャリアコンサルタント(会社によって呼び名が違う)の数も多く、求人も大手から中小まで幅広く扱っていることが特徴です。

持っている求人の数が多いので、登録していないと他の転職希望者に情報面で劣ってしまいます。必ず登録して面談をしてもらうべきです。




金融専門系転職エージェントとは?

もう一つの金融専門系とは、文字通り金融業界の転職案件を中心に扱っている会社のことです。

「中心に」と言ったのは、金融業界だけでなく、他業種の金融関連の案件も扱っている場合があるからです。

食品会社のM&A担当者とか、商社での財務担当者などが例として挙げられます。

金融専門系はどちらかというと経験者を対象にした案件が多いです。専門性の高い求人が多く、応募についても、当該業務にピンポイントで業務経験が無いと応募出来ない場合が多く、敷居が高いと言えます。

キャリアコンサルタントが金融機関の人事担当者と個人的な繋がりを持っているケースもあり、掘り出し物の求人もたまにあります。

具体的な会社で言うと、コトラやBizサーチ、アンテロープ、ムービン、金キャリなどがあります。

どれも規模こそ大きくないものの、キャリアコンサルタントの質が高く、業界のことをよく知っている人が多いです働いているキャリアコンサルタントの方たちに金融業界出身の人が多いのが理由の一つです。

金融専門系転職エージェントには業界出身者が多い

わざわざ給与水準が高く安定している金融業界からスピンアウトして、人材業界でやっている人達が多いですから、非常に熱い人が多いです。

私が実際に行ったことがあるのは、コトラと金キャリですが、その時の体験談についてはまた書きたいと思います。

どちらを使うべきか

両方登録しておきたい

総合系と金融専門系のどちらを使った方がいいかですが、ベストなのは両方に登録することです。

総合系と金融専門系では扱っている案件のタイプが異なる(同じ求人もたくさんありますが)ので、相互に補うことができます。

合計で5社程度におさえる

総合系に3社、金融専門系に2社の計5社くらいに登録しておくのがちょうどいいと思います。

あまり多く登録しすぎると、情報の管理が大変になるので、厳選した転職エージェントに絞って登録した方がいいです。

<ご参考>
リクルートエージェント
DODA




 - 転職エージェント